郷田王将のwikiプロフィールや年収は?二歩で負けたのは結婚生活が原因?

スポンサーリンク

今回は、郷田王将について個人的にいろいろと気になることをまとめてみました。

郷田真隆王将のwiki風プロフィールや年収、二歩や結婚生活などについて見ていきたいと思います。さっそく参りましょう。

郷田真隆王将のwiki風プロフィール

名前:    郷田 真隆 (ごうだ まさたか)

生年月日:  1971年3月17日

年齢:    45歳

プロ入り年月日:1990年4月1日 (19歳でプロ入り)

出身:    東京都練馬区

師匠:    大友 昇 (おおとも のぼる)

段位:    九段

郷田王将って想像よりも若かったんですね。

もう少しお年を召されているのかと思っていました(失礼)。

現在の在位中タイトルは王将です。

先ほど将棋のタイトル在位者一覧を眺めてたんですが、半分以上羽生さんが占拠してて笑いました。去年(2015年)は郷田真隆さんが1つタイトル持ってて、渡辺明さんが2つ、羽生善治さんが4つでした。羽生さん相変わらず反則的な強さですね。

郷田真隆王将の年収は?

郷田真隆王将の年収を調べてみたところ、随分とピンポイントで知ることができました。

2013年の郷田真隆さんの獲得賞金は3453万円でした。

つまり2013年は約3500万円ほどの年収だったと考えることが出来るのではないでしょうか。

他にもいろいろなデータを見る限り、郷田真隆王将の平均的な年収は3500万円のプラマイ1000万円の範囲ではないでしょうか。

年収が3000万以上あったら何ができますかね。将棋のプロ棋士の人って年収は高いんですが、あんまり時間的な自由がない気がします。一瞬羨ましい!って思いそうになるんですが、毎日将棋、将棋、将棋!!!の日々だったら私は頭がおかしくなってしまいそうです。

なのであまり羨ましいとは思わないですね。本当に将棋が好きな人ならプロ棋士を目指すのもアリだと思うのですが、ハッシーこと橋本崇載さんはプロになってからは地獄だったとおっしゃっております。勝敗が収入に直結するため、どのように勝ってやろうかと考えるよりは、負けないための将棋の指し方をするようになって苦しくなったと言ってました。

将棋が好きでプロになったハッシーでもこの通りなので、将棋のプロの道を歩むというのは並々ならぬ覚悟と努力が必要だということなのでしょうね。

郷田真隆王将が二歩で負けた!?

プロでもあるんですねえ、二歩。

二歩って徒競走で言うところの、フライングで失格になるみたいな感じですよね。

ちなみに私は二歩をしたことはないんですが、しそうになったことはありますね。

相手に攻められて追いつめられてる時や負けそうなときは二歩しやすいかもしれませんね。攻める時に敵陣に歩を置いた後に攻められて、「あ、やべ。どうしよう。」って時に受けで歩を使おうとすると、前線でと金になろうと頑張ってる歩が邪魔なんですよね(笑)

もしくは受けで自陣で歩を使って、攻めるのに夢中になっているとうっかり二歩しそうになるということはありました。郷田真隆王将も優勢で勝利は目前という所で二歩してしまいましたね。盤上をずっと眺めていると銀と歩って同じに見えるんですよね。郷田王将が二歩した時の対戦相手は佐藤天彦さんでしたが、郷田さんにとって真の敵は銀と歩が同じ文字に見えてしまうゲシュタルト崩壊だったのではないでしょうか。

歴史上でもこういう大勝利を目前に油断して負けるという戦いは実際によくありますよね。三国志好きの筆者なので盤上で官渡の戦いが起きてしまったと思いました。袁紹軍が郷田王将ですね。大優勢にもかかわらず二歩を打ってしまった時が、許攸が曹操軍に寝返った時です。ちょっと出かけてきまーすと言って出て行った許攸さん(歩)が勝手に敵陣に行って寝返ってしまう(二歩)という。。。

二歩をしたら反則負けというのが将棋のルールですが、二歩したら兵糧が全て燃やされたため、自分の持っている金と銀を全て相手に差し出して対局を続行するというルールでも面白いかもしれませんね。

筆者の妄想がヒートアップして何を言ってるかわからないと思うのでそろそろこの辺でやめときますね。

郷田真隆王将は結婚したから二歩で負けた!?

元AKB48の大島優子さんに似た一般人女性と結婚された郷田真隆王将。

そんな奥さんは笑顔が素敵で癒し系だといいます。

郷田王将は45歳で、嫁さんが37歳とのことです。年齢的にもいい感じの奥さんをゲットできて良かったですね。郷田王将は楽しい家庭にしたいと意気込んでいるそうです。

郷田王将・・・、結婚生活が楽しすぎて将棋に力が入らないのでは?と思ってしまいました。いやいや、プロなら、ましてタイトル保持者の郷田王将ともあろうお方ならいくら結婚生活が楽しいものでもそれを理由に将棋に集中できないなんてことはないだろう、、、

そう思っていました。ところが郷田真隆さんについていろいろと調べていると、あることが分かりました。それは郷田王将が高校に入ってからの頃なんですが、初恋が原因で将棋の成績が低迷してしまうと可愛らしい珍事が起きました。

郷田王将、意外に心は乙女なんですね~。今回の二歩なんですが、ひょっとしたら結婚生活に思いを巡らせていて、気がついたら二歩していたという可能性もあるのではないでしょうか。

でも、その初恋による成績低迷事件を突破してからは順調に成績をあげていき、4期目で2位になってプロ入りを果たしています。今回は結婚生活によって二歩を打ってしまったと筆者は思っているのですが、郷田王将はこれから高校の時のように巻き返して成績を上げていくのではないでしょうか。

まとめ

今回は郷田真隆王将の気になるところをまとめてみました。

郷田王将はああ見えて案外乙女チックな一面もあるお方なので、早く今回のミスを挽回できると良いなあと思いました。

ここから追い上げてくるであろう郷田真隆王将の今後の活躍に期待が膨らみます。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です