【うさぎおじさん】羽生善治は三浦弘行九段のカンニングに「グレー」

スポンサーリンク

最近、三浦弘行九段が将棋ソフトを使ったカンニング疑惑をかけられていますね。

このことに対し、うさぎおじさんこと羽生善治先生は

限りなく黒に近い灰色」と答えていることが分かりました。

うさぎおじさんも三浦九段に不正はあったとする側の意見なのかあ~と思ったのですが、

詳細はちょっと違っていたようです。

その前に、「え、うさぎおじさんって誰やねん?」って方はこちらをご覧ください→(将棋界のうさぎおじさんとは誰?羽生善治がうさぎおじさんになった理由

羽生善治は三浦弘行九段のカンニングに「グレー」

三浦九段のカンニング疑惑に対し、週刊文春において

「限りなく黒に近い灰色」

と羽生善治先生が答えていたと報じられています。

これは、(三浦九段はカンニングをした)に1票という意味でしょうか。

相変わらずうさぎおじさんは鬼蓄だなあ、なんて思っちゃいました(笑)

いつも冷静で自分の感情を含めない発言をする人だからこそ

発言によっては、相手を突き放しているように見えたりもするんですよね~。

「限りなく黒に近い灰色」という今回の発言も、

まるで「三浦九段はほぼ間違いなくカニングしました!」と

言っているように聞こえますよね。

ところが、実際はちょっと違っていたようなんです。

うさぎおじさんが嫁・羽生理恵のツイッターでコメント

%ef%bc%91

出典:https://twitter.com/mau28310351/status/788756638161252352?lang=ja

10月20日、奥さんの羽生理恵さんのツイートに

羽生善治さん直々のコメントがありました。

「限りなく黒に近い灰色」という発言について

訂正や補強をするコメントでした。

それが以下のものです。

 


羽生善治先生のニュアンスとしては、

「ほとんど黒でしょ!三浦九段は間違いなく不正してるよ!」というものとは違っていて

「黒に近いとは思うけど、グレーゾーンの範疇だからギリギリ罰す領域ではない」

というものでした。

これは完全に週刊文春のミスリードでしょうか。

羽生善治の発言の意味は?

「限りなく黒に近い灰色」という発言ですが、

三浦九段が不正をしたのか、していないのかだけが気になる大多数の将棋ファンは

どうしても羽生善治さんの発言の「」の部分に反応して

「なーんだ、三浦九段はやっぱりカンニングしてたんだ!」って

捉えてしまうのですが、

うさぎおじさんのニュアンスとしては

あくまでも「灰色」の部分を強調したかったようですね。

灰色=罰す必要のある領域ではない

という意味なんだそうです。

私個人的にも、三浦九段を罰す必要性まではないかなと感じました。

確かに不正疑惑はあるのですが、決定的な証拠がない以上は

罰するというのもちょっとおかしいかなと。

もちろん竜王戦への不出場決定に関しては妥当だったと思うのですが、

今回の一件で三浦九段も反省したと思うので、

厳重注意ということで一応は事態に収拾がつくのではないかと思います。

何よりも、いつまでもこのことを引きずって将棋界全体に悪いイメージが

定着してしまう方がよっぽど怖いですよね。

さらに羽生理恵さんのツイッターから、こんなツイートも見つけました。

@nonnonkurutu 本当にそうですよね。新しい世代の人達に将棋界を残したい!との思いが強い主人ですので、昨夜の顔写真は、悲しい顔をしています。

普段はSNSで情報発信を全くしないうさぎおじさんですが、

今回のように奥さんのツイッターを借りてまで発言したのは

自分の愛する将棋界を未来まで残したいという気持ちがあったのではないでしょうか。

まとめ

うさぎおじさんは。「将棋が好き」というレベルではなく

「将棋が人生そのもの」というレベルでもありますよね。

そして、将棋界では神のような存在であり、

将棋の世界の概念を形成してさえもいるのがうさぎおじさんですが、

だからこそ発言には重みがあって非常に注目を集めます。

今回も一歩間違えば大きな誤解を生み出してしまうところでしたね。

私も最初は「うさぎおじさん相変わらず鬼畜(笑)」と思ったのですが、

真相は違っていたようで少し安心しました。

今回起こってしまった三浦九段の不正疑惑に関しては

もうあれこれ言ってもしょうがないので

将棋連盟が今後どういう対応をしていくのか、

将棋界がどうなって行くのかを

1人のファンとしてはそっと見守りたいものです。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です