羽生善治が離婚危機で連敗を引き起こしてる?嫁は元アイドルの畠田理恵?2人のwiki風プロフィールは?

スポンサーリンク

羽生善治さんといって真っ先に思いつくのが将棋界最強という言葉。

将棋に慣れ親しんだ父が私に幼い頃から、羽生善治さんはやっぱり強いと言い続けてきたので

私の中では将棋界の伝説的な英雄として頭に印象が残っています。

さて、今回羽生善治さんについてまとめようと思ったのは、離婚の危機により連敗を引き起こしていることに驚いたからなのです。結婚していたことにそもそも驚いたのですが、羽生さんが連敗していることにも驚きました。

羽生善治さんと畠田理恵さんのwiki風プロフィールから紹介していきます。

羽生善治のwiki風プロフィール

名前:    羽生 善治(はぶ よしはる)

生年月日:  1970年9月27日

年齢:    45歳

身長:    172cm

体重:    53kg(1989年のインタビューより)

血液型:   AB型

プロ入り年月日:1985年12月18日

棋士としての年齢:15歳

出身地:   埼玉県所沢市

師匠:    二上達也

段位:    九段

配偶者:   畠田理恵

羽生さんの血液型は絶対AB型だと予想していましたが、見事当たりました。

身長も170cm前後だと思っていたので、まあだいたい当たってました。

体重が53kgというのはかなり痩せていますよね。羽生さん陰でダイエットしてるでしょ!と思ってしまいました。それかサラダしか食べないとか。プチトマトやレタスを将棋の駒に見立てて、サラダを食べながら将棋のことを考えていそうですよね。

畠田理恵のwiki風プロフィール

名前:    畠田 理恵 (はただ りえ)

生年月日:  1970年11月10日

年齢:    45歳

出身地:   大阪府堺市

身長:    155cm

体重:    不明

血液型:   A型

職業:    元歌手、元女優

活動期間:  1986年~1996年

配偶者:   羽生善治

羽生善治の嫁は元アイドルの畠田理恵?

羽生善治さんの嫁は畠田理恵さんです。

1996年3月28日に結婚をしました。

現在、巷ではポケモンGOが日本を含め世界各国で大ブームとなっていますが、羽生さんと畠田さんが結婚した1996年は、ポケットモンスターシリーズの1番最初のゲームソフトが発売された年でもあります。今こうして記事を書いていることにも不思議なご縁を感じますね。

畠田理恵さんは過去にアイドルをやっていたということですが、昔のアイドルってどんな感じかなーと思ったので、アイドル時代の動画を探してちょっと見てみました。

私の感想としては、昭和のアイドルというのが第一印象です。勝手に「モーニング娘。」みたいな元気の良いアイドルを想像していましたが、実際はもっと昔の百恵ちゃんのような感じでしたね。今のアイドルはももクロなどに代表されるように、元気いっぱいで複数人で組んで1つのグループとして活動しますが、この頃はまだ1人で活動するのが主流で、元気があるというよりは哀愁ただようさみしげな女性という感じでした。

私は哀愁をただよわせて歌うアイドルをリアルタイムで見たことがないので、元アイドルといわれてもあまりピンと来ないんですよね。アニメ『ちびまる子ちゃん』に出てくる百恵ちゃんを日頃から見て鍛えていたつもりですが、やっぱりどうもピンとこないです。これがアイドルなのかーって不思議な感じ。

今は、羽生善治さんと結婚して、畠田理恵さんはアイドルをやめたようですね。つまり一般人というわけです。

プロ棋士とアイドルの結婚というと、静かな将棋と笑顔を振りまくアイドルのギャップがありすぎて上手く生活が噛みあうのかと思ったのですが、アイドルをやめて主婦をやっているなら案外普通の家庭として成立しているのかもしれませんね。

羽生善治が畠田理恵との離婚危機で連敗を引き起こしてる?

プロ棋士とアイドルの結婚生活は順調かと思いきや、実は羽生さんと畠田さんが2010年の秋から別居が噂されていたらしいのです。

午前中に羽生さんが自宅から外出すると、それを見計らっていたかのように嫁の畠田さんが帰宅。午後になると、畠田さんは娘のお迎えに行くために自宅を外出。娘を車に乗せると自宅に帰らずにそのまま横浜に戻っていくという。

羽生善治さんはこの時、永世7冠に挑戦中で、残す所は永世竜王のみとなったが、竜王戦では2連敗してしまいました。連敗のこともあり、妻と子供がいないこともあり、羽生さんの自宅は寂しく、悲壮感を感じずにはいられないオーラを発していました。

羽生さんと畠田さんの不仲説も指摘されましたが、その真相は闇の中です。

実は横浜の畠田さんと子どもたちが住んでいるマンションの近くにはスケートセンターがあるそうなんですが、そこに子供を通わせているそうなんです。元オリンピック選手のコーチを付けて本格的に練習させているそうです。

これ、絶対に娘をフィギュアスケートでオリンピックに出させる気ですよね!娘が言い出したのか、畠田さんのエゴなのかは知りませんが、厳しい練習に明け暮れて可哀想だなあと思ってしまいます。

朝は5時に練習に集合する。そして夜の練習は9時まである。クールダウンやら何やらでなんだかんだ夜10時位までかかるらしいです。

これ、スケートが好きな人のすることですかね?

娘が自ら「ママ、あたし将来オリンピック選手になるから五輪出場経験のあるコーチを付けて。それからスケートが大好きでしょうがないから朝4時に起きて5時から練習するね。毎日送り迎えよろしくね、ママ。」なんて言うでしょうか。しかも、娘が二人そろってそんなことを言うのでしょうか。なんだか畠田ママのエゴが見え隠れしていると思ってしまうのは私だけでしょうか。

まあ、そんなわけで羽生善治さんと畠田理恵さんは別居していたらしいですね。不仲だったのかは分かりませんが、どうなんですかね。少なくても私は、不仲にしろ仲が良いにしろ、1人で広い家に住んでいる羽生さんは寂しいだろうなと思います。

畠田理恵さんは「別居なんてしてませんよ!」と言って、スケートに通わせている旨を話しましたが、(違う場所に住んでる時点でそれは別居では?)と私は思ってしまいました。

現在では、紆余曲折を経て、羽生さんの自宅に畠田さんは戻ってきたそうです。娘さんが中学へ上がりスケートを辞めたらしいのです。「中学へ上がり、学業に専念することにした」らしいのですが、別にプロでも無いんだからそこまで大げさに言わなくてもなあと思いました。

世間の目を気にしているのかは知りませんが、たかだか習い事をやめたくらいで「学業に専念します」って言わなくても。要は娘は「普通の生活に戻ります」ってことですよね。羽生さんは将棋のプロで、畠田さんは元アイドル。どちらの親も世間からの注目を集める存在なので、なんだか娘さんが可哀想だなあと思ってしまいます。娘さんには、スケートから開放されたこともあるのでこれからは無理をしないで楽しい学校生活を送って欲しいですね。

話が少しそれたので羽生さんのことに戻しますが、娘さんや妻の畠田理恵さんが自宅に戻ってきてからは羽生さんも調子を戻し連勝を重ねたようです。

今回はいくら強い羽生さんでも、メンタル次第では対局で負けるということが分かりました。日本ではまだまだ根性論がまかり通っていて、仕事がうまくいかないと「あいつはなってない。根性が足りない。」「鬱になるなんて甘ったれだ。」と主張する人がたくさんいますが、アメリカでは企業や会社にメンターがついていて、マイナスに落ちた時に心のケアや思考をしっかりとサポートしてもらうこともあるようです。

羽生さんは天才的なので、どこかマシーンのようで人間味に欠けているなと思う時もあったのですが、妻や子どもと別居すれば本調子で将棋に望めないことが分かり、やっぱり自分たちと同じで落ち込む時もあるんだなあと思いました。

まとめ

今回は羽生善治さんと畠田理恵さんの生活についてまとめました。

別居状態もあり羽生善治さんは不調だったが、嫁の畠田理恵さんと子どもたちが戻ってきて

将棋の戦績も好調に傾いていったようです。

羽生善治さんは、私の中では将棋界の伝説的な英雄なのですが、これからも歴史に残るような戦績と未だ嘗て誰も思いつかなかった鬼手を見せつけて欲しいです。

羽生善治さんの今後の活躍が楽しみです!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です