羽生善治がNHKスペシャルで語った人工知能に対する考えとは?

スポンサーリンク

羽生善治名人は人工知能に関してどのような考えを持っているのでしょうか。人工知能は今やプロ棋士を降す実力を備え、そして今も進化を続けています。人工知能が最強の座を狙っている中、将棋界やプロ棋士の未来はどうなっていくのでしょうか。

今回は羽生善治名人の考えに迫っていきたいと思います。

羽生善治は将棋ソフトについてどう考えているか

将棋ソフトにも個性があると答える羽生善治名人。

将棋ソフトをひとくくりにコンピュータと位置付けてはならないらしいです。

コンピュータや人工知能というと、最近発達がめまぐるしく、プロ棋士でも降すほどです。もともとプロ棋士は将棋を指す人の中でも天才的な強さを持った一部の人しかなれない職業だったのですが、最近ではコンピュータの方が強いようです。プロ棋士でさえ、連敗させられることもあります。

中には、そんな人工知能を良しとしない考えを持つ人も多いです。先日、藤井聡太くんが奨励会三段リーグを突破した時、「『AIに奪われる職業No.1』に決め打ちしちゃダメだろ」というツイートをし、物議を醸していますが、「人同士が指すから面白い」「コンピュータ同士の対戦はつまらない」という声も挙がっています。

将棋界にコンピュータが割り込んできているのが現状ですが、羽生善治名人はあくまでも客観的にこの事実を受け止めているように思います。羽生善治名人は、人工知能や将棋ソフトについて、コンピュータといっても全てが同じではなくかなり個性が分かれていることを指摘すると、その個性への対策が必要になるということを語りました。

将棋の戦法を研究して対策を取るのではなく、その将棋ソフトの個性、すなわちプログラムそのものへの理解を深めることは間違いなく必要であると述べました。羽生善治名人の話からなんとなく感じ取れたことは、コンピュータとの対局をそもそも将棋だと思っていない、つまり全く別の種類の競技であると認識しているようでした。

例えるなら、頭が良いことと大学受験で合格するのは別なのだという考えに近いと思います。単純に勉強がものすごく出来てもセンター試験対策を取らないとセンター試験で点が取れないのと同様で、コンピュータと対局するとしたらコンピュータのプログラム対策を取る必要があるということでした。それでプログラムへの理解を深めるためには何百という棋譜を見れれば一番良いということでしたが、もちろんそのような時間は当然ながらどこにもないのが現状のようでした。

話から伝わってきたのは、将棋ソフトとの対局において勝つにはそのプログラムがどういう棋風で、どういう弱点や強みなどを持っているかということへの理解を深めるしかないということと、そもそも人間側の将棋の強さは関係なく、いかにコンピュータへの理解があるかということだけが勝敗の鍵となっているようでした。

羽生善治にとって人工知能は脅威となりうるのか

「非常に進歩が早いので自分だけ絶対大丈夫とかそういう考えはなく、未知なものに今出会っている。」と語りました。

羽生善治名人は将棋の勝敗にはあまりこだわっていないような印象が見受けられました。それよりも日々進化するコンピュータが人間よりも多くの手を計算によって導き出せるということは受け止めていて、人間では想像も付かないような手を考えつくことに対して関心を寄せているようでした。

しかし、将棋の勝敗という面では人工知能が圧倒してくるであろうことは、それが良い悪いではなく、そういう可能性もあるということだけをおさえているようでした。なんだか感情論に走らずにとても客観的だなあと個人的に感心してしまいました。

羽生善治にとっての将棋の強さとは

羽生善治名人は対局の際、「盤上でたくさんの手を考えているのか?」という質問に対し、驚きの答えを言い放ちました。その答えが「ほとんどの手は考えていない。」というものです。最低限考えるということはありますが、羽生善治名人の場合、直感に近いものを持っていました。直感で(ここに歩を打ちたい感じがする)という思いをもとにして、それが良いのか悪いのか、他の手はどうかを考えているようでした。

将棋の強さに関してもおそらく一般人とは真逆ともなろう答えを言いました。

「将棋に強くなるというは、たくさんの手を考えなくて済むようになるのが強くなるということで、たくさんの手が読めるから強くなるわけではないです。」とも語りました。

人の視線がどう動くかを示す機械でも、アマチュア棋士が自分の攻めたい、もしくは守りたい地点を中心に盤面を広く見ているのに対し、羽生善治名人の視線はとても不思議で本当に一部の場所しか見ていなかったのです。

アマチュア棋士は、自分の手持ち駒、守り、相手の攻め筋、相手の手持ち駒、相手の飛車角の働き、自分の攻め筋と相手の守りなど、とても広く見渡しています。一方の羽生善治名人は、次の一手を2つのうちどっちに打つか、またその周辺、自分の手持ち駒、相手の攻め筋くらいしか見ていませんでした。アマチュア棋士が盤上で100箇所に視線を送っているとするなら、羽生善治名人は10~20程度の箇所にしか目をやっていませんでした

 まとめ

今回は羽生善治名人と人工知能についてまとめてみました。

人工知能が台頭してきた今日このごろ、これをどのように受け止めれば良いのかは、

まだ模索していく必要がありそうですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です