乃木坂46 伊藤かりんは将棋がめちゃくちゃ強い?その実力は?

スポンサーリンク

伊藤かりんのプロフィール       (1ページ目)

伊藤かりんの将棋の実力は?      (2ページ目)

伊藤かりんは将棋がめちゃくちゃ強い? (3ページ目)  ←今ココ

伊藤かりんは将棋がめちゃくちゃ強い?

%ef%bc%95  初段まであと少し!

出典:http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/279/2016/f/9/f962ff899b41e306b7c065c70c10e7665f8e9d951455492996.jpg

アマ1級の認定を受けたその後は、

本格的に将棋の実力を上げていこうということで

全国を回っていろいろな人と将棋を指す

「かりん 初段への道」という番組の企画も立ち上げられました。

今回お話するのはその番組の企画で

将棋の強豪校を訪問したときの話です。

その強豪高は女子団体では全国ベスト16を果たすほどの

将棋の実力を持っています。

もちろん男子部員もいるので、

その高校の将棋部の男女両方の部員と戦いました。

参考となる動画がありましたのでどうぞ。

2分くらいから将棋部との対局が見られます。

5 将棋部へお邪魔するかりんさん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DUV4YK47JyQ

第1回戦はアマ3級の実力を持つ女子部員さん。

陣形は両者の得意な相中飛車になりました。

女子部員さんが穴熊で囲い、伊藤かりんさんは美濃囲いです。

序盤はミスもあって伊藤かりんさんが劣勢に追いやられます。

しかし、終盤までに実力でだいぶ挽回し、優勢に。

結果は相手が時間切れ負けをし、1回戦は伊藤かりんさんが余裕を持った勝利となりました。

第2回戦はいよいよ男子が相手です。

けっこう強そう。しかもなんと将棋部の副部長!

1回戦での無念を晴らすという意気込みもあったのか、2回戦も陣形は相中飛車に。

しかも囲いも1回戦と同じで副部長は穴熊で、かりんさんは美濃に。

相手の鉄壁の防御に対しても、かりんさんの持つ終盤力の強さで相手の急所を

どんどん突いていきます。

副部長は「終盤にグッサリ来た。受けるのが大変。」と答えていました。

結果は2回戦も伊藤かりんさんの勝利!

これにはアマ4段の実力を持つ将棋部顧問の先生も

「予想以上に強くてただのアイドルじゃない」と感心していました。

第3回戦、ついに最後の対局はアマ有段者の実力を持つ将棋部部長!

かりんさんはいつもどおり中飛車で、部長はそれに対し三間飛車で対抗。これではさすがのかりんさんも、、、と思いきやそんな予想を裏切って善戦するかりんさん。

終盤に入ってからもどんどんと相手を追い詰めます。相手の王までもう少しという所で角を打って、そこで聞こえてきたのは「時間切れです」の声。対局時計をちゃんと時間内に押しているように見えるのですが、時間切れということでした。

ということで第3回戦は伊藤かりんさんの時間切れ負けでした。

6 ギリギリまで追い詰める!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=DUV4YK47JyQ

あともうちょいで勝てるという所まで来ていたのでとても惜しかったですね。

対局直後は部長も「危ねー」と焦りから開放された声を上げていました。

アマ有段者の部長は、かりんさんについて「途中からの追い上げがかなりヤバかった」と、

やはり彼女の終盤力の強さを指摘していました。

まとめ

伊藤かりんさんはアマ有段者の人と互角以上に戦って追い詰め、

対局直後に「危ねー」と言わせてしまうほどです。

アマ4段の先生からも「予想以上に強い」と実力を認めておりました。

プロ棋士である戸辺誠七段からはアマ1級の認定も受けていますが、

その実力は確実に初段に近づいていることと思います。

今後も将棋の腕を磨いていってほしいなと思いましたね。

これからの伊藤かりんさんの活躍に期待していきましょう。

よろしければこちらのページも面白いのでどうぞ。

伊藤かりんさんが乃木坂メンバーを将棋の駒に例えています。

サムネ ⇒(伊藤かりんが乃木坂メンバーを将棋の駒に例える!歩は生駒?

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメント

  1. よっしー より:

    発音はかりん↓じゃなくてかりん↑だったはずですよ!

    • geinoujindaisuki より:

      にっしーさんこんにちは。コメントありがとうございます!以前に「か↓りん」と呼ばれているのを何度か耳にして、それで「か↓りん」と勘違いしたのかもしれません。「か↑りん」ですね。承知しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です