伊藤かりんが将棋でアイドル対決をした結果!

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は伊藤かりんさんが将棋ウォーズで

次世代アイドル対決をした時のことを書いていきたいと思います。

目次は以下の通りです。

将棋ウォーズとは?

伊藤かりんと末永真唯の将棋の実力は?

対局開始

アイドル対決の結果は?

さっそく紹介していきます。

将棋ウォーズとは?

s5

まずはじめに、将棋ウォーズって何?というところから話を始めていきたいと思います。

将棋ウォーズというのはオンライン対戦型の将棋のゲームアプリです。

今回は将棋ウォーズを使って将棋対決するわけですが、

普通の将棋といくつか違う点があります。

それは

①10分切れ負けである

②「棋神降臨」を使うことが出来る

という点です。

①10分切れ負けについて

タイムアップ

今回は制限時間が10分です。

「切れ負け」ですので、持ち時間の10分を使い切ってしまった時点で敗北となります。

「切れ負け」というルールで気をつけなければいけないのは、

勝ちそうになるほど負けやすくなるということです。

将棋というのは駒を多く取れば勝ちというわけではなく、

相手の王様を詰ませて(倒して)はじめて勝ちとなります。

相手の王様を追い詰めれば追い詰めるほど、

次の一手で間違えて全てを水の泡にしないようにと長い時間考えてしまいます。

その結果、制限時間を使い切ってしまうと負けてしまうので

時間配分の正確性も求められます。

②棋神降臨について

鬼神降臨

棋神降臨というシステムは将棋ウォーズの大きな特徴でもあります。

棋神降臨はコンピュータのPonanzaが5手だけ自動で指してくれます。

このPonanzaというのが非常に優秀で

トップクラスのプロ棋士でも負けてしまうほど強いです。

プロと互角かそれ以上の強さを持っています。

つまり棋神降臨は必殺技に近いものだと思ってもらえたらいいです。

ただし将棋ウォーズで棋神降臨が使えるのは1回だけ、

しかもたったの5手だけなので使うタイミングも考えなければいけません。

どうでもいいタイミングで棋神降臨を使ってもあまり意味はなく、

むしろ勝利から遠ざかる行為です。

ここぞというタイミングで使いたいですね。

以上が、普通の将棋と将棋ウォーズでのルールの違いです。

もう一度今回の対局のポイントをまとめますと、

・10分切れ負けなので、勝ちそうになるほど負けやすくなる

・必殺技「棋神降臨」をいつ使うかが勝敗の鍵

となります。

伊藤かりんと末永真唯の将棋の実力は?

先手1  後手1

今回の対局相手は末永真唯(すえながまい)さんです。

末永真唯さんはアイドルグループ「X21」に所属しています。

どういうわけかは知りませんが、今回の将棋対決に呼ばれました(笑)

末永真唯さんは「将棋アイドル」を特に名乗っているわけでもなく、

番組企画で将棋を指せるアイドルを探している時に偶然見つかったのが彼女だと思われます。

特に将棋に関する逸話はなく、実力は基本的な定石なら知っている程度という感じです。

ちなみに伊藤かりんさんについても、

この時はまだ5級認定すらももらっていない時だと思われるので

実力は末永真唯さんと同じで多少指している程度だと思われます。

現在はプロ棋士からアマ1級の実力があると評されている伊藤かりんさんですが

この頃はまだ将棋見習いという感じで全然強くありません

両者とも決して強くはありませんがアイドル同士の対決の行方が気になります。

対局開始

ついにアイドル同士の対局開始です。

先手は末永真唯さん、後手は伊藤かりんさん。

最初の一手は、末永:76歩、かりん:44歩。

s6

お互いスムーズに指していきます。

伊藤かりんさんが馬をつくり、一気に優勢になりました。

s7

これは末永真唯さんは厳しいですね。

伊藤かりんさんが相手の銀をタダで奪って確実に戦力を削ぎ落としていきます。

s8

末永真唯さんも開始前は攻めの棋風を貫きたいと言ってましたが

防御もままならずにさすがに困った様子。

なんとここで伊藤かりんさんがうっかりミス!

制限時間もたくさんあり、しかもかなり有利だったために

気が緩んで大悪手を指してしまいます。

s9

「やっちゃった~」と騒ぎ出す伊藤かりんさん。

優勢だった流れは止まってしまいます。

解説の加藤一二三さんも驚きを隠せません。

「こんな事もあるんですかねえ~」とつぶやいて会場は爆笑に包まれます。

s11

末永真唯さんが飛車で伊藤かりんさんの馬を潰すと、

このチャンスを活かして棋神降臨を使います。

棋神降臨の5手により逆転とまでは行きませんでしたが、

伊藤かりんさんとほぼ互角にまで持っていきました。

末永真唯さんの棋神降臨により、苦しい状況に置かれた伊藤かりんさんは

すかさず棋神降臨をお見舞いして反撃を試みます。

伊藤かりんさんが棋神降臨を使ったタイミングは抜群で相手の角を歩で潰しました。

s13

これをきっかけに伊藤かりんさんが盤上を支配します。

下の画像は終盤というか最終局面です。

かりん:87銀 → 末永:88歩 → かりん:今ここ

s14

ここで、簡単なクイズなのですがこの局面は一手詰みです。

あなたは伊藤かりんさんが指すべき次の一手が分かりますか?

答えを言うのはもう少し先にして、

伊藤かりんさんはここでまたやらかしてしまいます。

伊藤かりんさんが取った一手は97角打ちでした。もちろん不正解です。

s15

98角打ちとかならまだ分かりますが、なぜ97角打ちなんだ?

ここで、先程のクイズの答えですが9八香成で伊藤かりんさんの勝ち。

しかし間違った手を指してしまった伊藤かりんさん。

勝機を逃してしまった伊藤かりんさんはこの後無事勝つことができたのでしょうか?

アイドル対決の結果は?

最大の勝機を逃してしまった伊藤かりんさん。

残存戦力は少なく、残り時間もわずか。

と金を作って猛攻をかけますが王に逃げられてしまいます。

s16

ここで、伊藤かりんさんが時間切れにより負け

何度も勝利を掴みかけたものの、凡ミスが大きく響き無念の結果になってしまいました。

s17

上にあるゲージを見れば分かりますが、

伊藤かりんさんが状況的には圧倒的に勝っていました。

しかし「10分切れ負け」が将棋ウォーズの大きな特徴です。

勝利に近づくほど考える時間も長くなり、負けやすくなってしまうんですね。

というわけで、将棋の次世代アイドル対決は末永真唯さんの勝利という結果になりました。

普通の将棋だったら伊藤かりんさんが勝っていた可能性が高いと思いますが

将棋ウォーズで戦ったらとこういう結果になりました。

まとめ

今回伊藤かりんさんは負けてしまいましたが、

対局としては攻めたり攻められたりととても面白いものでした。

将棋ウォーズで強い人は10分切れ負けという特性をうまく使い、

ふらふらと逃げ回って相手を時間切れにさせて自分が勝つという戦法を取ったりするんですが

今回は両者とも攻めあって駒の躍動する将棋を展開していたように思います。

この戦いでは負けましたが、年月も経ち修業を重ねた

現在の伊藤かりんさんはアイドル界では将棋の実力は最強と思われますので

再びアイドル対決をしたら面白いことになりそうです。

また機会があったらこういう企画が見てみたいですね。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です