[将棋棋士人狼] カドック(門倉啓太)は人狼が弱い!面白い名場面は?

スポンサーリンク

将棋界では「観る将」なるものが流行りだしてきていますが

観る将の人には尚更見てほしいのが「将棋棋士による人狼ゲーム」です。

誰が嘘をついているのかを見破って狼をあぶり出していく人狼というゲームでは

将棋棋士の推理力や記憶力がものを言うのですが、

将棋棋士という職業上、誠実、寡黙、思慮深いのが逆にマイナスになったりします。

特に、

カドックこと門倉啓太さんは嘘が下手で、人狼が弱い!

今回は将棋棋士人狼でのカドックさんについて

たくさんの魅力を発信できればと思います。

カドックのプロフィール

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%91

名前:  カドック

本名:  門倉啓太

職業:  将棋棋士

称号:  竜王(あくまでも人狼をプレイする際の設定)

特徴:  挙動不審で怪しい

師匠:  マドック

キャラ: 愛すべきいじられキャラ

キャッチフレーズ:棋士界一の頭脳を持つ男

カドックと呼ばれる前はニコ生視聴者には「カドンザ」とも呼ばれていました。

カドンザとは、 コンピュータ将棋ソフトのPONANZA(ポナンザ)から来ています。

天国ルームからコメントを打ち込めるのですが、

門倉さんが「Kadonza -200」とポナンザの評価指数を真似してコメントしたのが

始まりです。画像の下の方に門倉さんのコメントがありますね。

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%b3%e3%82%b6

↑画面下に「門倉:Kadonza -200」と見えます。

門倉啓太のカドックとの出会い

将棋棋士vsゲームクリエイター人狼の3戦目で

門倉啓太さんが狼を引いてしまうと、狼サイド惨敗でした。

占い師に人狼だと見事に当てられてしまった時に、人狼じゃないですと強くアピールせずに

動揺を見せ、だんまりを決め込んでしまいました。

さらに他のプレイヤーから意見を求められた時も

大きく動揺しながら苦しい受け答えをしました。

ニコ生視聴者のコメントでも苦しくて見ていられないというものや

これ以上門倉さんをイジメないであげてというものがたくさん流れました。

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%92

狼サイドの負けが半ば確定してしまい、追放投票直前の質問タイムでも

ゲームとは関係ないことが聞かれていたりしました。

ゲストとしていらっしゃった人狼TLPT所属のマドックさんからは

マドック「えー、門倉に質問する。門倉、貴様は棋士人狼というものを何度やっている?

門倉啓太「4回目です。

マドック「4回目か、なるほどな。貴様ニコニコユーザーにとってどういう存在なんだ?

強く認知されているのか門倉?

門倉啓太「僕が、皆さんにですか?

マドック「ああ。

門倉啓太「しら、しら、知られているとは思います。

マドック「なるほどな。私は今後、ここの戦いに来るかどうかも分からんし、

来れるかどうかも分からない。貴様は、私がいない時に、カドックと名乗るがいい。

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%93

質問タイムでマドックさんに順番が回るまでは

他のプレイヤーから厳しい問い詰めを受け続けました。

見ている時は弱い者いじめを見ているようで

ひどい試合だったなーと思ってしまったのですが、

今になって思えばあの惨敗がなければ門倉啓太さんがカドックと呼ばれることは

無かったのではないかなと思います。

そう思ってあの時のバトルを見返すとなかなか感慨深いですね。

カドックの人狼での面白い名場面

個人的にカドックさんを見ていて面白いと思った名場面を紹介します。

先輩棋士を呼び捨てにして人狼宣告。

門倉啓太ではなく「カドック」としての人狼初参戦で

入場時に

「私が棋士界一の頭脳を持つ男、カドックだ。 中田、貴様が人狼だ!」

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%94

この時まだ四段だった門倉啓太さんですが、カドックになりきって

大先輩である中田功七段に貴様と呼び捨てにして人狼だと決めつけました。

いつもおどおどしているので、やらされている感がとてもありましたが

そこが逆に良かったですね。

会場は爆笑に包まれました。

カドックに男色ディーノのキスが迫る

アルティメット人狼でのある一戦です。

占い師、霊媒師、騎士(狩人)が終盤まで全員生き残り、

お互いの推理のつじつまも合い、ほぼ確定した狼2人を殲滅するだけだ!

となった時に、急に味方(村側)の意見を疑い始めたカドックさん。

悲しいかな、将棋棋士という職業上の性格もあるのでしょう。

あらゆる可能性を考え、最悪の事態も想定するというカドックさんの

スタイルにより、狼側の意見に翻弄される事態となります。

以下に、カドックさんの味方の陣営である3人のやり取りを載せておきます。

カドックさん、マドックさん、男色ディーノさんは村側の人間です。

カドック「投票します。えーと、最初に言った通り、僕はマドックさんをまあ8割くらい信じているんですが、今日安西さんを追放してしまうと、もし間違えた時に大変なことになるので、安西さんを疑ってますが、、、ますが、、、ますが。。。

カドック「ここは次に、次に安西さんを、行くなり、、、今日のところはディーノさんに。

カドックが味方に村追放の票を入れようとする。

ディーノ「やめといたほういいよー。(票を受け取って)本当に?

ディーノ「間違ってたらどうします? それを宣言して渡して下さい。

カドック「え?

マドック「間違えてたらキスするんだな。

ディーノ「その覚悟があるんなら良いですよ。

カドック「ええ。もう決めたことなんで。

マドック「舌入りますよ。

苦笑しつつも男色ディーノにバラの1票を渡すカドック。

――無事に村が勝利し、戦いが終わってから――

マドック「門倉、貴様はディーノに4票目を投票する際、

ディーノが人狼じゃなかったら何をすると言っていた?

カドック「いや、僕は、あのー、村のために、本当に村のことを考えて、、、ですよ。

カドック「そんなに圧勝しなくてもいいじゃないすかー。

カドック「マドック先生、、、マドック先生、、、

↓キスしたくなくてマドックに泣きつくカドックです。

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%95

マドック「会場の声がもしも小さかったら、貴様がキスをしなくても良いことにしてやろう。

だが、会場の声がもしも大きかったら・・・。

カドック「なんで、今日は上から、そんなに高圧的なんすか・・・

ディーノ「はい。ここで一つ提案です。あのー、ニコ生なんで、せっかく。

アンケートで、どっちが良いか。

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%96

ニコニコ生放送ということで、急遽、カドックとマドックの2人のうち、

どちらとの男色ディーノとのキスが見たいかを、視聴者にアンケートを取りました。

結果、マドックと男色ディーノのキスが見たいという意見が78.6%ということで

村勝利に絶大な貢献をしたマドックさんが犠牲となってしまいました。

カドックさんは村を大敗北に陥れかねないミスリードをしたのですが、

視聴者に助けられる形で、無事に難を逃れることができました

最後、マドックが男色ディーノにキスされる直前の映像。

%e3%82%ab%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%97

この後は皆さんの想像におまかせします。

いつか、カドックさんが男色ディーノさんの

餌食になってしまう日も来るのでしょうか(笑)

それが楽しみでしょうがない!!

カドックは人狼が弱い!

基本的に嘘が下手で、大きな動揺を見せるのですぐに人狼だとバレます。

また、市民側の時でも常に怪しく、信頼度がなかなか低いのが欠点です。

市民側の時は、「初手カドック」という定石があり、

初日の様子見でとりあえずカドックを吊っておくかという方向になりやすいです。

発現頻度も低いので、真の預言者(占い師)だったとしても

占い師を名乗り出た狂人に村が乗っ取られることがあります。

というか発言しなさすぎるので、占い師だったとしても

その存在ごと忘れられている時もありました。

基本的に弱点しかないカドックさんですが、

キャラの良さだけはかなり高く評価できます。

棋士の特徴で、深く考える時に斜め上を眺める癖があるのですが、

人狼TLPT所属でプロのキャシーさんからは

「斜め上を見て上の空だったのは人狼だからだ」と言われ、村追放の票をもらっていました。

また「投票されなくて安心した人狼に見えた」とも言われていました。

カドックの小ネタ集

・人狼初参戦前、人狼の研究をしすぎてトイレに行くのが怖くなった

・女流棋士の井道千尋さんに「ニコニコ、ニヤニヤしているのはいつもなのか?」と

質問された。

・真占い師だったが、村側の全員から狂人と勘違いされ続け、

占い師(カドック)が最後まで生き残ったにも関わらず、村側が大敗北した。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です