北村有起哉の父の画像は?妻は?wiki風プロフィールは?よふかしゴーちゃん。に出演!

スポンサーリンク

9月26日(月)26:56~放送の「よふかしゴーちゃん。」

北村有起哉さんが出演します。

有起哉さんは実力派俳優であり、数多くの作品に脇役として出演されています。

今回は、

有起哉さんのwiki風プロフィール、父の北村和夫さん、妻の高野志穂さん

についてまとめてみました。

北村有起哉のwiki風プロフィール

 出典:http://okstars.okwave.jp/vol448/

名前:北村 有起哉(きたむら ゆきや)

有起哉って変わった名前だなあと思いました。両親の方がどういう願いを込めて名付けたのか気になります。

出身:東京都

生年月日:1974年4月29日

年齢:42歳

身長:179cm

身長が高い人は羨ましいですね。最近は身長の高い俳優さんを多く見かけます。

体重:不明

血液型:O型

職業:俳優

ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台

活動期間:1998年

配偶者:高野志穂

高野志穂さんはベリーショートの髪型が似合っていて活発なイメージがあります。休みの日に家族でピクニックとか行ってそうですよね。

著名な家族:北村和夫(父)、北村由理(姉)

北村有起哉は名脇役

  

左出典:http://bakumatsu.org/blog/2013/01/yae-no-sakura.html

右出典:https://vod.ntv.co.jp/program/tokkan/

北村有起哉さんは主役を務める作品は少ないものの、

たくさんの作品に出ています。

「八重の桜」という作品は見たことがあるという人も多いはずです。

有起哉さんは「八重の桜」で下級藩士の役を演じました。

また、特別国税徴収官の日常と仕事を描いた「トッカン」では

主演の井上真央さんの上司役を演じました。

言われてみれば、

ああ確かにこれらの作品にも出ていたかもしれないなあ

と思いますよね。

自分の存在感を上手に消して役に徹するというのは

本当にプロの人じゃないと出来ないと思いますね。

作品の中に有起哉さんは溶け込んでいますので、

演技がうまいという証ではないでしょうか。

北村有起哉の父の画像は?

ws000165-221x300 出典:http://yononakanews.com/entame/10528/

画像の人物が、

北村有起哉さんのである北村和夫さんです。

北村さんは2007年(80歳)に

肺炎による呼吸不全で他界されてます。

とても偉大な俳優さんだったようです。

主役を張ることは少なかったのかもしれませんが、

数多くの作品に出演し名脇役として広く知られています。

父が偉大な俳優となると息子である有起哉さんへの影響も

とても大きかったことでしょう。

子は親を見て育つとよくいいますが、

有起哉さんはお父さんの頑張る姿を間近で見て

育ったのかもしれないですね。

筆者は漫画の読みすぎで、

「俺は親父みたいにならないからな!」

と言って全然違う道を歩むのをすぐ想像してしまうので、

親と同じ職業を目指すというのは

なんだか微笑ましいなあと思いますね。

北村和夫さんは、東京で生まれ育ち、

大学は早稲田大学文学部芸術学科へ入学しました。

そして大学在学中に

文学座研究所という舞台人の養成所に入って力を養うと

1965年に「花咲くチェリー」に初出演します。

花咲くチェリーは400回も公演されており、

日常の一部となるほど和夫さんとの関わりが深かったそうです。

早稲田大学へ入学と聞くと、

そのまま卒業して大企業に務めるなどしてエリート社員になるのかな

と想像してしまいますが、

在学中に養成機関に入って卒業後は舞台人になる

というのはけっこう珍しいと思いました。

 

肩書を捨てて、一から俳優としての道を選ぶというのは

並々ならぬ決心だったのでしょうね。

こうして素直に夢を追えるというのはとても素晴らしいですよね。

%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%93

父・北村和夫さんの出演しているテレビドラマの作品は

「おしん」「ちゅらさん」「源義経」「天と地と」などがあります。

どれも有名なものばかりですね。

見たことはなくても聞いたことはあるだろうという作品ばかりです。

映画は「にっぽん昆虫記」「黒い雨」などがあります。

「黒い雨」では準主役を務めたそうです。

こんなにたくさんの作品に出ていたなんて驚きですね。

おしんとかは見たことありますけど、

あれに和夫さんが出ていたなんて信じられません。

「おしん」はだいぶ前の作品ですよね。

ほとんど覚えていないのですが、

雪が降っている中で川の水で手を真っ赤にしながら食器を洗った事と、

お母さんと泣いて別れた事だけはかすかに覚えています。

そういうシーンの中にも和夫さんはいたというのですから少し意外です。

懐かしの「おしん」の動画がありました。1分で楽しめます。とても懐かしいです。

北村有起哉の妻は?

takanosiho 出典:http://hotjupiter.net/yukiya-kitamura/

北村有起哉さんは結婚されています。

画像の人物が高野志穂さんです。

2013年に結婚し、2014年には男の子も出産しました。

高野志穂さんの職業は女優ということで、まさに俳優一家ですね。

父も俳優、妻も俳優というのは凄いですね。

有起哉さんの家では台本を覚えるために

音読する声が呪文のように聞こえてきそうです。

生まれてきたお子さんも将来俳優の道を選ぶのでしょうか。

父も母も、まわりの人が皆俳優をやっているとなったら

息子さんも俳優を目指す確率大だと思いますが。

そんなことになったらますます有起哉さんの家から

台本をひたすらブツブツと音読する声が聞こえてきそうですね。

2013y06m05d_094616748 出典:http://ネトスポ.com/%E8%8A%B8%E8%83%BD/2893/

高野志穂さんは有名な作品だと

NHK連続テレビ小説「さくら」のヒロインを演じています。

他にも大河ドラマ「義経」など、

たくさんのさくひんに出演されているそうです。

有名ではない作品がかなり多いので紹介しにくいのですが、

数にしてテレビドラマだけでも20以上の作品に出演されています。

高野志穂さんはテレビドラマだけにとどまらず映画や舞台、

アニメの声優、CMなど、とても広い範囲で活動をされています。

それにしても高野志穂さんは髪型で随分と印象も変わりますね。

一枚目の画像では凛とした美人さんだったのに、

二枚目のさくらの画像では元気いっぱいのキュートな表情が印象的です。

志穂さんも主演を務めた作品は多くないため、

脇役のイメージが強いです。

北村有起哉さんも脇役を務めることが多いので、

夫婦揃って名脇役を目指すというのも面白いかもしれませんね。

脇役というと地味で目立たないと思う人もいることと思いますが、

脇役の人の演技が上手いか下手かで作品全体のイメージも決まりますから

とても大事ですよね。

こちらでは高野志穂さんが新作の演劇の

「テンペスト」の制作発表コメントをしております。

ボブの髪型がとても良く似合っていて可愛いです。50秒の動画です。

まとめ

今回は、9月26日(月)26:56~放送の「よふかしゴーちゃん。」

北村有起哉さんが出演するということで、

有起哉さんとその周辺の人物である・北村和夫さんや

・高野志穂さんについてもまとめてみました。

有起哉さんを含め、

周りの人も皆俳優をやっているという家族というのは、

俳優業に縁のない私たちからすると異次元のような話ですよね。

北村有起哉さんは主役は少ないですが、

名脇役として演技にますます磨きをかけていってほしいですね。

今後の活躍に期待していきましょう!

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です