村山慈明の結婚相手(嫁)は?飯島栄治が激怒?身長やwiki風プロフィール!

スポンサーリンク

今回は、将棋のプロ棋士・村山慈明さんについて紹介していきます。

嫁(結婚相手)、飯島栄治が激怒した事件、村山七段の身長について説明していきます。

9c72374779ccce7bbb168c1f0332faba  村山慈明さん

出典:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3f/4b/9c72374779ccce7bbb168c1f0332faba.jpg

村山慈明のwiki風プロフィール

名前:    村山 慈明 (むらやま やすあき)

生年月日:  1984年5月9日

年齢:    32歳

出身:    東京都日野市

プロ入り年月日:2003年10月1日(19歳でプロ入り)

段位:    七段

師匠:    桜井昇(さくらいのぼる)

第38期新人王戦で初優勝されています。

村山慈明の結婚相手(嫁)は?

村山慈明さんは嫁さんは一般人の方のようです。美人とのことです。

暇つぶしに脳内メーカーで検索してみたら結果はこのようになりました。

脳内メーカーさんによると「たくさん食べて幸せ」ということらしいです^^;

脳内メーカーのイメージを元に村山慈明さんの結婚相手を筆者が勝手に妄想してみました。

※筆者は一度も嫁さんにあったことも見たこともないので単なる空想です。

%e6%9d%91%e5%b1%b1%e6%85%88%e6%98%8e%e3%80%80%e5%ab%81 %e6%9d%91%e5%b1%b1%e6%85%88%e6%98%8e%e3%80%80%e5%ab%81%ef%bc%92

目がくりくりして可愛いのかなーという予想。セミロングくらいの髪の長さ。

で、ハンバーグをよく食べます!という妄想。

あのー、何度も言いますが、これ、全部筆者の単なる妄想ですからね。本当申し訳ない。

藤田画伯よりはうまい自信があります!!

村山慈明の棋風

%e5%b1%85%e9%a3%9b%e8%bb%8a 居飛車党(手前が先手の村山慈明さん)

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P2C4VNFEn_g

村山慈明さんの棋風は居飛車党です。

この時代の棋風というと終盤力に強いイメージがありますが、村山慈明さんは珍しく序盤戦の研究が深いことで知られています。

今はなき伝説的棋士の村山聖さんが「終盤は村山に聞け」と言われていたことにあやかって、「序盤は村山(慈明)に聞け」とも言われています。そのくらい序盤の研究が深い棋士です。

解説では序盤になんでも聞ける頼れる存在です。

羽生世代の人は終盤力があって、序盤は多少適当でも後から追い上げるという指し方でしたが

それとは逆に序盤戦が有利ということですね。そういえば、先日藤井聡太くんがプロ棋士に

なりましたが、藤井聡太くんの世代は序盤の定石などの勉強がしっかりしているということで

村山慈明さんの指し方と似たりするのかもしれませんね。

こちらの動画が村山慈明七段のじっくりとした居飛車党の棋風が見られます。

こちらの動画では村山慈明さんが羽生善治さんとの研究会について話していて、とても参考になりますね。

村山慈明の身長は?

調べたら村山慈明さんの身長に関する情報はありませんでした。

なので、画像をもとに村山慈明さんの身長を考察してみました

伊藤かりんさんの身長が154cmです。そして渡部愛さんの身長が161cmです。

渡部愛さんはヒールのある靴を履いている可能性があります。

そのため伊藤かりんさんともけっこう身長が離れているように見えますね。

靴底やヒールの高さがあるので誤差が生まれると思いますが、画像から判断できるとしたら

村山慈明さんの身長は165~168cmくらいになるのではないでしょうか。

いつも見ている感じだと170cmは無さそうな感じもしますしね。

%e7%b7%a8%e9%9b%86

出典:https://pbs.twimg.com/media/CdmDFsaUsAEZl6X.jpg

村山慈明は飯島栄治を激怒させた

かんたんに状況を順に追っていきますと、

1:叡王戦で村山慈明七段が飯島栄治七段に勝利する。

2:研究会において、村山慈明七段がおちょくるような感じで飯島栄治七段に対して

叡王戦、どうされました?あ、私に負けたんでしたね。」とうっかり発言してしまう。

3:飯島栄治七段はその場を苦笑いでごまかすが、陰で文句を口にし、怒っていた。

という流れです。村山慈明さんも「叡王戦、どうされました?」言ってしまった時に、「あ、やばい」と思ったそうです。

それで慌ててなんとかしようとするんですが、ここでとっさに(冗談の方向性で貫いてごまかそう)と脳が判断してしまったんでしょうね。それで「あ、私に負けたんでしたね。」という言葉が口を突いて出てしまいました。

こういうことってありますよね。私も小学生の時にあわてて変な言い訳をしたことがあります。教室でドッジボールをしていたのが見つかり、とっさに真面目な顔で「体育の練習をしていました!」と口にしてしまったことがあります。

この時体育でやっていたのはサッカーでしたので「サッカーでボールを投げ合う馬鹿がどこにいるんだ」と怒られてしまいました。

記事を書いている時にふと思い出してしまいました。

村山慈明さんが当時のことについて振り返っている動画を見つけました。

仲直りしていたようでよかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

村山慈明七段は毎週日曜日の10:00~のNHK「将棋フォーカス」でも講師としてお世話になるので、これからも将棋の対局以外でも講義など幅広く頑張って欲しいです。

村山慈明さんの今後の活躍に期待していきましょう。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です