日本将棋連盟の新会長は佐藤康光九段か?理事選挙の流れは?

スポンサーリンク

こんにちは。

今回は日本将棋連盟の新会長について見ていこうと思います。

理事選挙も前代未聞な感じになっていてひと波乱ありそうな予感がします。

目次は以下のとおりですので気になるものがあるかチェックしてみて下さい。

目次

日本将棋連盟の新会長にあの2人が立候補!

理事選挙の流れは?

日本将棋連盟の新会長佐藤康光九段が確実か?

前代未聞の理事選挙により予測不能

それではさっそく見ていきましょう。

日本将棋連盟の新会長にあの2人が立候補!

まず最初におさらいしておきたいのですが、

将棋連盟の役員(常勤理事)は8人いまして、それが下の表の通り。

会長:谷川浩司(辞任)

専務理事:青野照市

常務理事:東和男

常務理事:島朗(辞任)

常務理事:中川大輔

常務理事:佐藤秀司

常務理事:片上大輔

理事:杉浦伸洋

会長・谷川浩司さんと常務理事・島朗さんが辞任されるそうで、

2月6日の理事選挙で次の新役員にバトンタッチするという形になります。

それでさっそく本題ですが、理事選挙の申込みが1月25日に締め切られました。

理事選へ立候補したのは2人いて、佐藤康光九段井上慶太九段でした。

章タイトルで「あの2人が立候補!」となっていますが、

井上慶太さんを知らない人は案外多いかもしれませんね。

一方で、佐藤康光さんは将棋好きならば知らない人はいないであろう超有名棋士。

知名度や実績など、全てにおいてトップクラスの将棋棋士です。

これはもう日本将棋連盟の新しい会長が決定してしまったような気もしますが。

理事選挙の流れは?

2月6日の理事選の流れを具体的に説明しますと、

2人の立候補者にそれぞれ信任投票をして過半数の指示が得られれば

とりあえず理事(将棋連盟の役員)になることが許され、

その後は互選で新会長が決定します。

互選というのは、将棋連盟の役員(理事)どうしで話し合って

誰が新会長にふさわしいのか決めるということです。

ここでは他の将棋棋士は口出しできません。

互選は、投票して決めることもあれば

話し合いだけで誰が新会長になるのか決まる場合もあります。

学校を例にすると、選ばれた学級委員同士が話し合って

学級委員長を1人決めるのに少し似ていますね。

日本将棋連盟の新会長は佐藤康光九段が確実か?

2

今回の理事選挙は信任投票の形になっています。

新会長の座を勝ち取るためには、まず信任投票で過半数の票を得る必要があります。

信任投票は、その立候補者が理事としてふさわしいかどうかをもとに投票します。

なので、どっちが票を多く取れるかという形式の選挙ではありません。

役員としてOKという票を過半数得られれば無事突破です。

そこで立候補者の1人である佐藤康光九段ですが、

タイトルの獲得合計が13期で、引退後は永世棋聖が決まってますので

将棋の成績・実力としては誰もが認めざるを得ません。

性格的にも問題無しの人物なのでおそらく理事選を突破できますね。

というか日本将棋連盟棋士会会長を務めていますから確実に突破できます。

一方、井上慶太九段ですがこちらはタイトル獲得経験はありません。

ですが、井上慶太さんも日本将棋連盟棋士会副会長を務めてますからおそらく

大丈夫でしょうね。どちらも当選すると思います。

ちょっと例えが適切かどうか分かりませんが、

日本将棋連盟棋士会というのはいわゆる学級委員にあたるもので

日本将棋連盟の理事がいわゆる生徒会にあたるもの、といった感じです。

前代未聞の理事選挙により予測不能

今回は未だかつてない、少なくても私の知る限りでは初めてとなる異例の選挙です。

最後まで何が起こるか分かりません。

通常はだいたいスライドしてそのまま上の役職につくという流れでしたが、

今回は将棋連盟が一方的に三浦弘行九段に黒出しして処分する形でした。

その責任を取って、三浦九段への黒出しした中心人物である

谷川浩司さんと島朗さん2人が辞任という形を取りました。

しかし、そもそも残りの6人の将棋連盟役員も、会長の谷川浩司さんらと一緒になって

「三浦九段を出場停止にすべき」と主張したのではないか?

ということが棋士たちの間でも話が出ています。

つまり、将棋連盟(=役員が8人)が三浦弘行九段への処分を決定したわけだから

8人全員が責任を取るべきなのでは?

という声も少なからずあるようです。

それらも含めて、2月6日の理事選や理事総会等では残りの6人の役員を

このまま将棋連盟の役員として残すかどうかも議論される可能性があります。

今回は異例の選挙なので、どういうふうに展開されるか全く予想できません。

いかなる結末が待っているのか気になりますね。

最後に

ここまで読んでくださりありがとうございました。

途中分かりにくい所とかあったかもしれません。

選挙って分かりやすく伝えるのがとても大変ですね。

次回以降がんばります。

スポンサーリンク
336×280
336×280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
336×280

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です